膝の痛みからおさらば|負担を減らす努力を

ウーマン

効果的な飲み物

青汁

グリーンスムージーを飲むことで、簡単に野菜を摂取することができます。また、作り方次第でレシピは無限大なので、飽きが来にくいと言えます。また、作り方によっては老若男女に飲み易い飲み物であり、妊娠中の方にもおすすめです。

詳しく見る

栄養たっぷりの緑葉野菜

飲み物を飲む男性

ケールは緑葉野菜の一種で、キャベツの原種とされています。通常の食用にも適しますが、わが国では青汁の原料としてよく知られています。1年中収穫することができ、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを豊富に含んでいます。

詳しく見る

山芋と里芋

飲料

山芋や里芋といったイモ類は便秘解消効果だけではなく、滋養強壮になる効果があるようです。あまり食欲が旺盛ではない方は、サプリメントで滋養強壮効果を持つものを飲むようにするといいでしょう。これらはドラッグストアから購入できます。

詳しく見る

膝に負担をかけない栄養素

膝

日光で活発化

体重が1kg増量することで約3kg分もの負担が膝へとのし掛かり、衰えとは異なり、若い人でも膝の痛みを訴える関節トラブルは招かれます。肥満の人の場合、運動不足によって筋力が弱く、些細な動きで捻ったり膝を痛める確率が高まります。痛みに繋げないための対策となるのは体重の減量ですが、極端な食事制限による減量は栄養の偏りが生じてしまい、膝の各組織に栄養が効率良く届かずに改善しにくいために、サプリや骨を構成する成分を意識的に摂取します。一般的にはグルコサミンなどが知られていますが、どの年代にも摂取すべきはカルシウムです。また、カルシウムの吸収率を高めてくれるのはビタミンDとビタミンKで、日光を浴びることで活発化する特徴があるため、膝の痛みが少ない時には柔軟性を高める意味も込め、摂取した後は積極的に外出して効率性を高める内容も知っておきたいポイントです。

カルシウムで骨を強化

加齢によって変形性膝関節症に悩む高齢者は非常に多く、軟骨や半月板などは健康美に直結するコラーゲン組織から成り立っています。コラーゲンも肌同様、加齢で減少しやすく、弾力性に優れた働きが弱まり、自ずと膝関節機能の衰えで膝の痛みを引き起こします。ですが、高齢者だけが膝の痛みを抱えているわけではなく、肥満体の人も引き起こす確率は高めです。膝の痛みがあってもなるべくはストレッチなどで柔軟性を高めることは必要で、骨や軟骨、筋肉や靭帯などの膝組織を強化させることは重要となります。甲殻類に含まれるグルコサミンやコンドロイチンをはじめ、カルシウムも骨の材料に適した栄養素です。食品から摂取する場合には1日に必要とされる摂取量よりも吸収率を高めるために少し多めを意識し、乳製品のみならず豆類や魚介類なども意識的に食生活に取り入れることが緩和のポイントです。